臨済宗方広寺派 祥光寺和尚  向令孝和尚が、
いま風の時代に"いまここ道場"を開設。禅の心をお伝えしています。
坐禅会、法話、接心、リトリート等のお知らせ。                      

幸運に生きる秘訣

2021年6月26日 at 20:50

「南無阿弥陀仏」の勧めー寺報「祥光」より

2020年12月25日 at 10:24
南無阿弥陀仏」の勧めー寺報「祥光」より

皆様お元気ですか。
コロナ禍の最中にあって、お互い無事に生きているだけでも、有り難いと思うこの頃です。コロナでなくても、癌や心疾患、交通事故、地震等の天災で、人間はいつ死ぬか分かりません。
ですから禅の教えは、そのような無常を覚悟して、今日一日、今ここのリアルな命を、腹をすえて心をこめ精一杯生きよというのです。

  「あすありと 思ふ心のあだ桜
      夜半に嵐の吹かぬものかは」
(親鸞聖人)です。

そして「いつお迎えが来てもよろしい」という大安心が、信仰の極致と言えます。
そのためには、坐禅三昧や念仏三昧になって、あれこれの思いから解放され、無心なほっこりと落ちついた境地に至ることです。
 明日ありと思う心、あれやこれやと思う心にとらわれていると、目前の確かな真実の命を見失ってしまいます。あれこれの思いから解放されると、お互いが共に生かされ生きているという事実と、その命を互いに尊び慈しむ心からの交流が、何よりも大切なことだと実感できます。
 
 ハーバード大学が行った「幸せな人生を送る秘訣」についての、700人を75年間追跡調査した研究からわかったことは、「良い人間関係が私たちの幸福と健康を高めてくれる」という事実です。そして「良い人間関係」は、利害得失ではなく、相手の命を自分の命のように思える「愛」から育まれます。

 私は、坐禅のあとや寝る前に「南無阿弥陀仏」と唱えています。南無は「帰依し献身する」、阿弥陀仏は「無量の光と命」ですから、限りない命に感謝の心で帰依し献身しますと誓っているわけです。「ナムアミダブツ」と唱えながら大安心の境地と愛の心を養い深めているわけです。
 坐禅が難しい人でも「南無阿弥陀仏」は誰でもできるので、超お勧めです。

Namuamidabutsu ? from Temple newsletter
How are you, everyone?
Around this time, I am grateful that we are in the coronavirus pandemic and just living safely with each other. But we do not know when we will die from natural disasters such as cancer, heart disease, traffic accidents, and earthquakes.
Therefore, Zen’s teaching is to prepare for such impermanence and live real life here and now with all your heart and soul.

Like the cherry blossom,
the heart planning on tomorrow
is ephemeral indeed?
what sudden storm may not arise
in the middle of the night?
― (Shinran saint).

And the great peace of mind that “I will be able to die in peace ” is the culmination of your faith.
To do so, you need to do zazen and meditation, free yourself from all illusional thoughts, and reach a calm and innocent state.
If you are caught up in your fragile tomorrow life and worldly thoughts, you will lose sight of the real-life in front of you. When you are free from all these thoughts, you can realize that each other is alive now and here, and you will know the heartfelt exchange that respects and cherishes each other’s lives is of utmost importance.

A 75-year follow-up study of 700 people on “the secret to a happy life” by Harvard University reveals that “good relationships enhance our well-being and health.” And “good relationships” are nurtured not by profits and losses, but by “love” that makes you accept the life of the other person as if your own life.
I chant “Namu Amida Butsu” after zazen and before going to bed. Since Namu is “trust and devoted” and Amida Butsu is “infinite light and life,” “Namu Amida Butsu” means to vow to trust and devote to eternal life with gratitude. While chanting “Namu Amida Butsu,” we can cultivate a state of peace of mind and a heart of love.
Even if you have difficulty in zazen can do “Namu Amida Butsu,” so I recommend it highly.


徳行のすすめ

2019年12月22日 at 20:46