トップ


ごあいさつ


「いまここ道場」を主催する向令孝です。“こっさん”と呼んで下さい。
私の人生のテーマは、出来るだけ多くの人に、禅の素晴らしい生き方を分かりやすくお伝えすることです。
そして、皆さんと共に坐禅・読経等を行じて、自我の思いを離れた「無我」に徹して、あるがままの縁起の地平に踊りでる。すなわち「いまここ」の命を、より深く、より広く、より活き活きと、皆さんと共に生きることです。                                                      My name is Reikou Mukai, and I’m a Japanese Zen monk. All my friends call me “Kossan”.I was born in1947.I’m married with three children, one son and two daughters. And I have two grandchildren When I was 18 years old, my father suddenly died of a heart attack. This was the real beginning of my search for true and happy life. Luckily two years later, I came across Zen Master Rinzai`s saying “a true man without rank”. I was deeply impressed by these words. Soon I would meet Zen Master Oi-Saidan Roshi and started to practice Zen under his guidance. After one year I experienced Kensyo (Zen enlightenment) in a Rhohatu-Sessin. This has been the greatest experience of my life. In 1976 I became a Zen Monk in order to practice Zen more thoroughly. In 1983 I received Inka,a Japanese term meaning the ‘seal of enlightenment’ or certification of the authenticity and depth of a student’s experience of enlightenment from Oi-Saidan Roshi. My master Oi-Roshi died on 27th, 2018 at the age of 103. He had been the abbot of Hokoji-Monastery in Hamamatsu. He is living forever inside me. I will continue Zen way following a lifetime master of Oi-Roshi.


プロフィール
1947年大阪生まれ。
高校3年生の時、父親の心臓発作による急逝を目の当たりにして痛切に無常を感じ、大学1年生の時、たまたま臨済禅師の言葉「無位の真人」に出会って衝撃を受け禅に傾倒し、故大井際断老師(方広寺派管長)について参禅修行を始める。

大学卒業後、大手流通企業に就職するが、29歳で出家得度し、6年間の雲水修業を経て大井際断老師より嗣法。兵庫県の相国寺派法雲寺住職となる。

1987年より毎年ドイツに行き参禅指導を続ける。
1995~2003年まで方広寺山内の奥山青壮年研修所所長を務め、2007~2011年まで臨済宗方広寺派教学部長を務める。
現在は浜松市の方広寺派祥光寺住職。






師匠の大井際断老師(故方広寺派管長)の墨跡で
一円相に「兼中到」と書いてあります。
「いまここ」に献身的に生きるというような意味です。