気づき(Awareness)

Awereness(気づき)

今することについて

明らかに気づいていて

そのことを心をこめてする


いまここを充実して心地よく生きる秘訣です。

禅では、「三昧」といわれ、最近では“マインドフルネス”の言葉で注目されている日々の生き方の大切なポイントです。

禅堂の生活では、気づき(アウエアネス、Awareness)がその場その場であったなと、最近気づきました(^。^;)

食事、入浴、参禅等その事をはじめる前に、お経を読んだり三拝・合掌したりして、

「今から何をしょうとしているのか」についての
気づきの行がありました。

無自覚に何となく一日が過ぎ、一年が過ぎ、一生が終わってしまうのでは、せっかくのさずかった命がもったいないですよね。

気づき(アウエアネス)のポイントは、

何かをする時、
まず一呼吸して
心をいまここに落ちつけ
「〇〇をしょう」と自分に言い聞かせることです。

例えば車で出かける時、こんな風にやります。

運転席に座ったら、
まず軽く息を吐き、大きく息を吸い、ゆっくりと吐いて、
上半身をリラックスさせ、ゆったりと座り
今から運転するんだと、自分に明らかに気づかせます。

そして私は自分流のこんな真言を唱えることにしています。

「ムーブ君よろしく、心地よく安全運転で行きます」と。

実はこれ、真言密教の身口意の三密加持の行にも通じています。

身体ですること:運転する良い姿勢、
口で言うこと:心地よく安全運転で行きます
意で思うこと:そのように言い聞かせ思う

この身口意を一つにするのです。

真言密教は三密加持で即身成仏する、つまり生身で仏の境地に至る行ですから、
何と! 仏(ブッダ)に成って運転することになるのです(^0^)



2018年4月26日