トップ



師匠の大井際断老師(故方広寺派管長)の墨跡で
一円相に「兼中到」と書いてあります。
「いまここ」に献身的に生きるというような意味です。